ちぐさ東洋クリニック
オンライン診療&相談

​​なぜ 今 オンライン漢方?

家族の時間
 
Image by Al Battison

私たちの物語

内科医として35年 漢方医として29年

当院の基本コンセプトは

 「内科+漢方+心理療法+α」

      さらに高いレベルの健康生活を

 

 院長は内科認定医・漢方専門医・医学博士です。

 宮医大で6年間の内科研修後、東京女子医大で漢方の勉強を12年間していました。
ふつうの内科疾患も対応可能ですし、必要があれば基幹病院へ紹介します。

 女子医大では精神科の教授の指導で医学博士をいただきました。
認知行動療法(厚労省主催)研修を受講して厚生局届け出済みです。

 認知行動療法は、貴方の考え方の癖や偏りを修正していく心理療法です。
うつの非薬物療法としてエビデンスがあります。様々な身体化した症状に有効です。

当院では慢性疲労・不登校・出勤困難例にも用いています。
慢性疲労症候群については、厚生省の研究班での仕事のお手伝いをしており、
漢方薬の使い分け等についても報告し完治例も報告しています。


 西洋医学的には難治とされる病態へのアプローチ


 1 どうしても元気になりした方

 2 どうしても痛みを取りたい方

 3 どうしても綺麗な皮膚になりたい方

 4 どうしてもシツコイ咳を止めたい方

 5 どうしても仕事に行きたい方

 6 どうしても子どもを抱きたい方
​ 7 どうしてもストレスを乗り切りたい方


​ 貴方の人生を変える漢方治療をめざします。

 新型コロナ感染を契機に医療サービスが大きく変わりつつあります。
​ 当院はその流れにそって22世紀の地域医療・プライマリーケアを先取りします。

 
22309059_1512210202192569_51697301991138

川越宏文

​​医師・医学博士・内科認定医・漢方専門医

宮崎医大第1内科

1988年6月~1994年3月

内科の研修を受けました。
1年目は宮崎大学、2年目は江南病院
救急医として西都救急病院
腎臓内科医として古賀総合病院
地域医療・在宅医療を三股町立病院

日本内科学会認定医をいただきました

東京女子医科大学
附属​東洋医学研究所

1994年4月~2006年3月

助教・講師・医局長
日本のトップクラスの漢方の研究所に
​スタッフとして勤務しました。

元東京女子医大付属東洋医学研究所講師
冷えに関する研究で医学博士授与
日本東洋医学会東京都部会副会長
       専門医問題出題者
       広報担当委員長
       代議員
​        参事

ちぐさ東洋クリニック

2009年3月~現在

これまで得た知識を実践する施設
​ここでしか出来ない治療を求めて治療

 

​当院のオンライン導入目的は
既に来院中の方の利便性向上と
遠隔地で来院困難な方へ向けサービス


処置室

​​漢方相談

質の高い医療

未来院のかた向けのサービス
検査や処方は行わいません。
現在の病状が漢方で治療できるかどうか
漢方治療そのものの説明も含めて
​場合によっては近くの漢方医をご紹介

天然ハーブ

​​漢方治療

​​もうすぐ漢方診療30年

内科医であった私が最初に用いた漢方薬は麦門冬湯、当時は宮崎市内の基幹病院の透析医でした。なかなか治らない咳を見事に止めてくれた漢方、その勉強がしたくなり東京へ
​東京女子医大付属東洋医学研究所は当時トップクラスの漢方施設、そのスタッフとして12年間の経験を持ち、こちらではそれよりも長く地域医療での漢方を実践しています。

Happy Baby

​子宝相談と子宝漢方治療

優しい母親になるために

当院では毎年多くの方が母親になるという本願成就されています。当院では体外受精・人工受精等の治療と並行しながら、貴方の体を妊娠しやすい体にしていく漢方を用います。

 特に40歳前後の方にとっては残り少ないチャンスですので、少しでも確率を上げたいのであれば、お早めに相談下さい。

​煎じ薬を含め、当院の漢方は保険がききますので、財布にも優しい治療を提供します。

 
書類の記入

新着情報

4月よりオンライン診療を開始しています。これまでよりもやりやすくなりました。当院ではGoogleミートをメインに使っています。
​ また、LINEドクターとして登録済みです。まずはお電話でお確かめ下さい。0985-82-8000

 
Image by JESHOOTS.COM

​オンライン診療導入の目的
​こんな方にはオンライン

①当院加療中の方の再診
  遠距離で来院が困難
  仕事が忙しく来院が困難
  症状が落ち着き処方継続中
  検査の説明のみ
②当院初診の方
  漢方の適応があるかを知りたい
  他院からの漢方薬を変更したい

 ※救急対応が必要な疾患
​   喘息・心筋梗塞・激しい頭痛
  精神科的処方はオンライン禁止です
  

Image by Marek Levák

​オンライン診療の方法

まずは当院にお電話下さい。
① オンライン予約される前に
  0985-82-8000に電話ください
② 当院院長から電話にて
  オンライン可能か判断します
③ 健康保険証、クレジットカード
  の登録が必要です(LINEの場合)。
④ オンライン同意書をメールします。
  プリントアウトしてサインして
  画像ファイルを転送して下さい。
⑤ Googleミートの場合は
  健康保険証の画像を転送。
​  支払いは現金書留となります。

Woman & Doctor

ちぐさ式子宝外来の考え方

婦人科の不妊症治療のサポートとして、漢方体質別に処方を行います。
婦人科での人工受精や体外受精と並行して行う事も可能。治療は保険適応の漢方薬を用います。

​不妊症治療の開始までの時間に体質改善して自然妊娠するケースもあります。


ネット漢方勉強会

  • 漢方薬を治療に取り入れたい医師のための雑談風勉強会
    6月14日(火)
    オンラインイベント ウエビナー予定
    6月14日 19:00 – 20:00 JST
    オンラインイベント ウエビナー予定
    ちぐさ東洋クリニックの院長とお仲間の漢方オタクの先生が雑談します。 医局の昼飯後の雑談みたいな感じの会ですので、のぞき見大歓迎 今回は  当院の初診時問診表をどう活用するか?・・の解説です。 実はこれ女子医大東洋医学研究所時代で今も使われています。 私が在席時に作成されたものです。 なお、《公式版》の当院ホームページからダウンロードできます。 更にこの使い方もダウンロード可能です。 この講座にさんかされた先生については、お困りの症例については メールの画像ファイル・もくしはFAXで記載された問診表をお送りいただき 採用されている処方等を教えていただければ処方のヒントをお応えします。